特徴
主仕様
比較概要
リサイクル情報
販売形態
特徴
操作方法
貯水タンク
備蓄タンク

生活用貯水タンク

 地震災害では、水道管が破裂し水の供給が停止します。阪神大震災では、水道が復旧したのは1ヶ月以上後であり、それまでは給水車で水を少しずつ配給してしのぐしかありませんでした。また、高層マンション等の屋上給水タンクは転倒破損、及び配管が破損して、これも役に立ちませんでした。これらの教訓から、災害が発生しても新鮮な水道水を確保し、活用できる生活用貯水タンクを開発しました。
  このタンクは、自治会の集会場や指定避難所に数個設置し、水道が復旧するまでの緊急生活用水として使用し、給水車からの補給も短時間での受け入れが可能で、市民が行列をつくらずに配給ができ、給水車の回転も早くなり、より多量の水の供給を受けることができます。

本体概要図

水道管接続

供給出口

水道管接続
供給出口

単体図

2連結図

 

 

 

 

水道管接続

供給出口

5連結図